UberEatsLife(ウーバーイーツライフ) UberEatsで好きな時に配達したり、好きな時に料理を頼んだり。賢く時間を使ってスマートな生活を。

UberEatsLife(ウーバーイーツライフ)

コラム 配達パートナー向け

定年後にUberEats配達パートナーはあり? メリットとデメリットについて語ります

更新日:

最近こんな話がありました。退職者の送別会でのことです。 定年になって会社辞めたらどうする?
うちの会社は再雇用制度があって約5年くらいはさらに働くことができるのですが、 収入は半分くらいになっていまうようです。仕事量そのままで収入半分だったら、私は再雇用は受けたくないなと思ってしまいます。

タクシードライバーかななんて言った人もいました。

そこで今回は、定年後にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは向いているのかということを考えてみたいと思います。

目次

今、定年後の高齢者のUber Eats (ウーバーイーツ) 配達パートナーっているの?

高齢者って言っても、60歳くらいだとまだ高齢者ってイメージないですよね。
いい言葉が見つからなかったので高齢者って言いましたが、まだまだ働ける年齢ですよね。

さて、私の主観ですが、あまり見ない気がします。 自分で料理を注文することはあるのですが、配達された方の年齢は 高くても40歳前後ではないでしょうか。50歳くらいの人はひとり見たかなってくらいです。みるからにおじいさんって人は見た記憶がありません。

配達していると、ほかのパートナーさんとすれ違うことがあるのですが、 そこでも見たことがありません。

私が見たことがないだけなので、絶対にいないとは言えないのですが少ないことは間違いないでしょう。

60代では配達できないのでしょうか?
いいえ、そんなことはないでしょう。

定年後のUber Eats (ウーバーイーツ) 配達パートナーならすべての経験が活かせる

60歳にもなればいろいろな経験をされていることでしょう。
今回は、退職後にという話なので、それまでは会社なりで働いていたという想定しましょう。 正社員でも、契約社員でも構いません。正規雇用、不正規雇用問いませんが、雇用されていたという前提でお話しましょう。

いろんな立場の方がいると思います。順調に役職をあげて、部長クラスで退職される方。 逆に最後まで平社員や、主任でいる人。
会社の規模や方針なんかにもよるのでそれ自体を良い悪い言うつもりはありません。

それでも等しく60年という時間を過ごして、いろんな人と過ごしてきたのです。

Uber Eats (ウーバーイーツ) の配達パートナーは、あまり人と接する機会はありません。
人付き合いが苦手だけど、職人気質でとことん効率突き詰めるような方は
最適な配達の仕方を思い浮かべるかもしれません。

また、雇用されるわけではなく個人事業主となるので、 経理や総務なんてやってきた人は、納税なんかの面倒なことでも簡単に対応できたりするかもしれません。 私はこのあたりちょっと苦手です…。

営業であちこち回った人なら、どこにどんなレストランがあって、こんな人に好まれているという知識があったら人気のエリアを抑えられるかもしれません。

ずっと体を使う仕事をしてきた人なら、配達で使う体力なんてたかが知れています。 有り余るスタミナで長時間稼働できるかもしれません。

私はまだ60年なんて生きていないので「かもしれません」って言い方になってしまい 恐れ多いのですが、大きく外れてはいないでしょう。

そりゃあ20歳と体力だけで比べたら60歳は衰えてることが多いでしょうけど、
経験は全然違います。きっといい配達ができるのではないでしょうか。

注文者が注文したとき、おじいちゃん、おばあちゃんくらいの人が配達してくれたら 田舎に帰省した雰囲気でごはん食べられるかもしれませんね。忙しい現代社会においてこのような癒しを提供するというのも素敵なことでしょう。

定年後だからこそ自由な時間はある

さて、今度は配達する時間についてです。
今まで朝早くおきて、満員電車に揺られて会社いってという決まった時間で生活してきました。
もちろんどこに住んでいるかというのもあるのですが、 これからは好きな時間に配達できるのです。

この歳になれば、お子さんたちももう自立されていることでしょう。 あなたを縛るものは何もありません。あるとしたら、配偶者でしょうか。こればかりは一生付いてくるお話ですね。

地域の行事やご近所付き合いを優先して、その合間でもいいですし、 ひたすら配達に打ち込んでも良いでしょう。

定年後の心配の種 健康を維持できる

60歳にもなるとやっぱり気になるのは健康
運動しなくちゃって思いながらも、健康診断の結果に目をつぶり忙しい毎日を過ごしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 かといっていまさらジムに通うのも抵抗がある。

そんな人に適度な運動にもなることでしょう。 そんなに負担は大きくありません。 自転車ですから腰やひざのダメージもランニングと比べたら微々たるものです。

高齢者だからこそ不安 デメリットは?

デメリットももちろんあります。
仕方がないですが、体力の衰え、判断力の低下というのは避けられません。
近年高齢者が起こす事故というニュースを聞いたことがある人も多いでしょう。
定年退職直後は大丈夫だと思います。でも、いつまでも続けられるかとなると、YESとは言えないところもあります。

引き際は大事です。大きな事故を起こす前に。判断力があるうちに辞めるべきです。

そんなわけで退職後の選択肢のひとつにいれてみてもよいのではないでしょうか。
登録だけでもしておこうかなと思うかたはこちらからどうぞ。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

こんな人がこの記事を書いています。

都内在住の30代の会社員。
最近、会社の方針が変わって残業がぐっと減って、収入もダウン。その分使える時間は増えたけど、もう少し稼ぎたい。
幸いなことに、本業に影響しないなら副業もある程度は認めてくれている。
ややメタボになりつつある体と収入をなんとかするためにUBEREatsのパートナーを始めることにした。

運動経験はほとんどなくて、学生時代に運動部にいたなんてこともない。
でも自転車で風を切る感覚は好き。

-コラム, 配達パートナー向け

Copyright© UberEatsLife(ウーバーイーツライフ) , 2021 All Rights Reserved.