UberEatsLife(ウーバーイーツライフ) UberEatsで好きな時に配達したり、好きな時に料理を頼んだり。賢く時間を使ってスマートな生活を。

UberEatsLife(ウーバーイーツライフ)

コラム 注文者向け 配達パートナー向け

Uber Eats(ウーバーイーツ)21時~23時に起こっていること

更新日:

みなさん、Uber Eatsは使っていますか?使っている方はいつ使っていますか?ランチの12時頃、夕食をとる19時ごろ。深夜に夜食で24時ごろ。いろいろありますね。

配達パートナーの方はこの時間を漏らさないようにしっかり狙っていますよね。逆にその間は数がこなせないので休憩したりしています。さて、一日の中でどう変化しているのでしょう?

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

この記事を見ているかたには、Uber Eats(ウーバーイーツ)を知らない方もいるでしょう。簡単に紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、料理宅配サービスです。アプリやウェブからレストランとお料理を選択すると、配達パートナーがレストランまで行って、料理を運んでくれるというものです。

レストランが宅配の人員を確保しているわけではないので、豊富なレストランを対象に注文することができるのが魅力のサービスです。

配送料やサービス料は、配達パートナーの数や、距離などによって異なります。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の一日

Uber Eatsを利用する人、配達する人、レストランなどの一日はどのようになっているのでしょう。大まかな時間帯に分けて紹介していきます。多少曜日によっても違うことはありますが、だいたいこんな感じです。

8:00~9:00

朝いちばんの時間帯です。この時間は朝食を注文する人が多いです。ランチの時間帯や夕食の時間よりは少ないですが、配達パートナーも少ない。やっているレストランも少ない。どれも少ないのでいいバランスです。

少ないレストラン、少ない配達パートナーで回すので、比較的ロングピック、ロングドロップになりやすい時間帯です。配達に時間がかかりやすい時間帯なので、注文する方は時間に余裕を持つといいでしょう。

9:00 ~ 11:00

9時を過ぎると、いったん注文は落ち着きます。平日は仕事に入る方が多いのでしょう。休日だとこの時間から注文が増えてくるもの。まだレストランは少ないです。この時間だと配達パートナーも増えてきているので、割とすぐに配達される時間帯です。

注文慣れしている人なら、この時間に予約注文しておくのもいいですね。ランチの早い時間に届きやすいでしょう。

配達パートナーはお昼に向けてウォーミングアップの時間帯です。

11:00 ~ 14:00

ランチの時間帯。最初のピークです。お昼の注文で殺到します。配達パートナーは気合を入れる時間です。

特に都心の平日では、会社のお昼休みを狙っているのか、特に集中します。オフィスビルのエレベーターで他の配達パートナーと合うなんてこともよくありますね。それだけ集中するので、配達パートナーが少ないので、配送料の値上げがされることもよくあります。できれば、注文は11:30までにしておくと安心でしょう。

一方配達パートナーは稼ぐ時間帯。ブーストがつくエリアもあります。ただ、オフィスビルの配達は時間がかかるもの。逆に効率落ちると、都心を避ける人もいます。

14:00 ~ 17:00

ランチタイムが終わると、午後の時間。この時間は注文が集中することも、閑散としすぎることはありません。朝の9:00~11:00よりは注文があるなというくらい。気軽に頼める時間帯です。配送料アップの心配もありません。

配達パートナーでまだ慣れていない人はこの時間を積極的に狙っていくといいでしょう。比較的簡単なおやつやお茶のようなものが多いので慣らしていくのに向いています。ただし、極端に難しいものがくることもあるのです。ケーキにお茶。いかにも崩れやすそう、こぼれやすそうなお料理を出すレストランもあるので注意です。

17:00 ~ 21:00

夕方のピークです。夕食はランチと比べて、時間帯が分散する傾向があります。注文は自宅からされるかたが多いです。たまに、夜まで仕事が続いてその合間に頼んでいるかたもいます。極端な集中は少ないので、あまり配送料アップになることはありませんが、出るときは出ます。天気とか、人が偏ったりとかはあるのです。

配達は、都心のレストランから、少し離れた自宅に届けることが多く、比較的長距離配達することが多いです。新橋でピックアップして、勝どきに届けるなんてパターン多いです。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

21:00 ~ 23:00

謎の時間帯です。すんなり注文が届く日もあるし、配送料アップがでている日もある。

レストランはまだ開いているところが多いです。注文が多かったり少なかったりするのでしょうか。とてもブレ幅があるのでしょうか。平日休日問わずに?天気の影響は、あるかもしれない。なんでだろう。

そう思っているのではないでしょうか。

この答はクエスト。注文する方はあまり気にされないでしょうけど、配達パートナーの配達の数に応じてボーナスがつく仕組みがあります。このクエストの一部は最終時刻が22時。22時まで熾烈な受注争いがあります。21:50ダブル受注で救われた経験もあるのではないでしょうか。その有無で結構配達パートナーの数の違いを実感します。

注文者にはあまり関係ない話ですが、昨日は早かったのに、今日はなんでこんなにマッチされないんだろう?ってこともあります。

23:00 ~ 25:00

最後の時間帯。もう深夜です。この時間はさすがに注文も配達パートナーも、レストランも少ないです。と言いたいのですが、朝8時台とは違います。

意外にこの時間の注文は多い。はっきりと21~23時台よりは多いです。ですが配達パートナーはかなり減り、レストランも少ないです。配送料アップになることは稀ですが、かなりバランスの悪い時間帯です。最悪の場合、注文したものが届かないまま一日が終わることもあります。この時間は配達が遅いものだと理解した上で使うとストレスが少ないかと思います。

配達パートナーにとっては競合が少ないので、稼働できる時間帯であれば狙っていくのはありだと思います。結構ドロップ前に次の注文はいります。ただし、熟成案件と呼ばれるものを引く可能性は他の時間よりもはるかに高いです。

まとめ

Uber Eatsの一日をまとめました。時間帯ごとの特徴を紹介しました。普段注文をしている人にも配達パートナーがどんな感じかを照らし合わせられるよう紹介しました。

注文している人には、配達パートナーがどんな感じか分からないからこそ、不安になるもの。そんな不安を払拭できたらいいですね。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

時間帯によって配達事情もかわってきます。配達してみたいとおもったらこちらから登録してくださいね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

詳しい登録の仕方はこちらも参照してみてください。

こんな人がこの記事を書いています。

都内在住の30代の会社員。
最近、会社の方針が変わって残業がぐっと減って、収入もダウン。その分使える時間は増えたけど、もう少し稼ぎたい。
幸いなことに、本業に影響しないなら副業もある程度は認めてくれている。
ややメタボになりつつある体と収入をなんとかするためにUBEREatsのパートナーを始めることにした。

運動経験はほとんどなくて、学生時代に運動部にいたなんてこともない。
でも自転車で風を切る感覚は好き。

-コラム, 注文者向け, 配達パートナー向け
-,

Copyright© UberEatsLife(ウーバーイーツライフ) , 2021 All Rights Reserved.